導入文章

市場のルールは急速に変化している

デジタル技術により、企業の価値創造はセールスからアフターセールスへ、ハードウェアからソフトウェアへ、そして製品からサービスへと急速に移行しています。この変化により、主としてクラウドベースのIoTを活用することによる全く新しい販売形式や、顧客との長期的関係のあり方に焦点が当たりつつあります。

アジアの新たな競争相手の出現により、、日本、ドイツ、アメリカは機械とデータの統合を新たに定義し直すことを余儀なくされています。この考え方の切替は単に技術的なものではなく、むしろ言語、文化的なものをベースとした課題であるため、国家の枠組みを越えた緊密なネットワークによって克服されるべきものと言えます。

新しい競争分野では、ノウハウもさることながら、とりわけ迅速かつ柔軟に対応することが極めて重要となります。このことは特に多くの中小企業、Hidden Championと呼ばれる優れた技術を持つ中小企業にとっての新たな課題を意味します。そして、まさにここにこそ国際市場において最新の技術と市場に関する深い知識に裏打ちされた競争力のあるダイナミックな企業を育てる手がかりがあるのです。

日本、ドイツ、米国によって合意された自由貿易協定のおかげで、この3国の枢軸は国際レベルで非常に競争力のあるものとなりました。高品質かつ持続可能な製品とデジタル化とのコンビネーションはグローバルレベルでのこの3国の競争力確保のキーポイントとなります。

  • デジタルインテグレーションの最先端
  • 巨大なデータセットの機会がある
  • 最近のリショアリングの流行に基づく様々な製造機械の為の巨大市場
サンディエゴにオフィスを構えるJADEA。航空、海軍、IT企業に最大級のバイオテクノロジー分野のインキュベーターを抱えている都市です。またロサンゼルスのクライアントの本社にも近接しています。
我々JADEAはこの3国の市場に精通しているだけでなく、長年に亘りこの国々に根を張ってその原動力が何かを理解しています。成長する世界中の市場の活力を存分に活用してください。我々はその支援を喜んで行います。
  • エンジニアリング(工学)とサービス力が融合。大きな変遷の最中にある。
  • 生産へのリショアリングが世界市場への再浮上するカギとなる。
  • 2019年における日本の成長がみられる分野はサービス面でのソフトウェアである。
JADEAの東京オフィスはビジネス街の中枢である千代田区三番町にある。
アメリカとドイツはSME分野で強固な絆を確立している。
2019年の自由貿易協定により日本とアメリカはデータ相互において共通の定義がある。

建設、押し上げと事業の補修のエキスパートです

エキスパートから成る我々のチームは10年に亘り、中堅企業、特に家族経営企業の国際市場におけるプレゼンス拡張を支援してきました。我々はその際、企業の抱える課題を理解し、クライエント企業にとって経済的にチャレンジングな時期における成長をも可能にしてきました。我々はクライエント企業の価値、コミットメント、そして成功に繋がる協力関係は長期に亘り持続的に発展させるべきものとの認識を共有しています。

初期の段階では特に国際化支援の要素が我々の業務の前面に位置付けられていましたが、今日ではむしろ複雑化する地域の変動への対応に重点が置かれています。3か国語を使用する我々チームは日独米の市場と密接に係わって業務を行ってきました。JADEA創設者は若い頃からこの3カ国を理解し、起業家の家系出身です。このDNAがマーケットについての深い見識と精力的、かつ最適な仕事のこなし方と相俟って、JADEAが今日まで顧客企業と成功裡に発展してきた基盤となっております。

我々の目的は、日独米3カ国のHidden Championと呼ばれる優れた技術を持つ中小企業への支援です。

我々は単なるコンサルタントではなく、独自の拠点を置く国々での活動を一緒に支援する存在です。目指す国の市場開拓における我々の役割は、各々の顧客企業、その製品、およびターゲットとする国の市場規模についての綿密な分析に基づいて策定されます。すなわち、単にビジネスの立上げに係るだけでなく、3つの戦略的観点から支援を行います。

分析
立上げ
コーチング

分析

  • 市場分析とフィージビリティ―スタディー
  • ターゲットマーケットに必要な事項の外観

立上げ

  • 契約書作成支援とリスク管理
  • 財務戦略の策定
  • ロジスティックスの監査
  • デジタル統合

コーチング

  • 経営管理およびバックオフィスサービス
  • 現地でのアフターセールスとサービス戦略の確立
  • 人材採用
  • ノウハウの企業内承継

各市場が各々個別に独立していた時代は終わりました。

従来は市場を自己の製品のために作り出すことが主眼でした。今日では、市場の違いに係らず、各々の市場向けの製品とそれに伴う全顧客向けサービスをデジタル化で繋ぎ、可能な限り活用することが重要となっているのです。デジタルサービスを真に必要なタイミングで提供するためには、本部と支社の間での綿密なデータ交換とノウハウの共有が組織的に築かれていなければなりません。なぜなら、ネットワーク化と情報交換が長い目で見て成功するアフターセールスとサービス構築の基盤となるからです。

市場の活力の中で年中無休で支援

プロジェクト支援体制として、経験豊富なチームメンバーとパートナーがいつでも各々の市場でご支援致します。 市場の活力の中心にあるだけでなく、調査中枢や政治面でのネットワークも駆使して対応することにより、貴社による複雑な各国マーケット開拓を成功に導きます。

JADEAの創設者 兼 社長はディルク・ノイマン博士です。日本政府からの各種奨学金により1997年から日本での研究に従事し、ハイブリッドエンジンに関する博士論文を執筆しました。当時ドイツで最大のプライベートイクイティーファンドであったオーデヴァルト&カンパニーで技術戦略策定・分析を担当した後、10年前にサンg表立国3カ国である日本、ドイツ、米国を主軸とするJADEA社を創設しました。

オフィス所在地

  • 東京
    〒102-0075
    東京都千代田区三番町2-4
    三番町KSビル5階
    info@jadea.com
    +81-3-5276-8123
  • ベルリン
    JADEA
    Rosenstraße 2
    10178 Berlin
    info@jadea.com
    +49 30 243 102 500
  • サンディエゴ
    JADEA
    1605 Tibidabodrive
    CA 92027 San Diego
    info@jadea.com
    +1 760 432 6430

パートナーと協力